全ては安心安全笑顔のために

小川町北二

 当町会は皇居の北、JR御茶ノ水駅と靖国通りの間にあります。
江戸時代は丹波稲葉之守の小川丁中屋敷。ご維新後は町民が移り住み、周辺にはのちに大学となる学校が多く開校し、文明開化の華が咲く時代の最先端地区であったようです。
 当町会内にも明治時代には稲葉家重臣の開いた銭湯「稲川楼」や医療研究所「東京顕微鏡院」などが建てられ、靖国通りは、エノケンの唄う「モボ、モガ」が闊歩した繁華街でもありました。また元禄創業の江戸東京で一番古い歴史をもつ「笹巻けぬき鮨」も盛業中。歴史もありながら、新しいことにも強い興味をもつ独特の神田っ子文化がはぐくまれた町です。

お知らせ(予告・報告)

お知らせ詳細を見る